ABS対応に関するシンポジウム等(2018/3/14, 3/22)

平素よりお世話になっております。
国立遺伝学研究所ABS学術対策チームの鈴木と申します。

当チームは、全国の大学等を対象として、 名古屋議定書に対応した遺伝資源の取り扱いについての啓発活動や大学・研究機関向けの相談や
意見徴集を行う対応窓口などの活動を行っています。 1993年12月29日に発効した生物多様性条約(以下「条約」という)では、海外における遺伝資源の採取や海外由来の遺伝資源の取扱いに関して、
取得の機会及びその利用から生ずる利益の公正かつ衡平な配分の対応(以下、ABS対応)として、「提供国政府からの事前の同意」を取得すること、
および遺伝資源の提供者と取得者との間で利益配分項目を含む「相互に合意する条項」を設定する等が必要となります。 我が国では、名古屋議定書の国内措置である「遺伝資源の取得の機会及びその利用から生ずる利益の公正かつ衡平な配分に関する指針(ABS指針)」
(平成29年財務省・文部科学省・厚生労働省・農林水産省・経済産業省・環境省告示第1号)が平成29年5月18日に公布され、
平成29年8月20日に日本は締約国となるとともに、国内措置(指針)が開始されました。また、いくつかの提供国の体制が整備され新しいルールが
策定されようとしています。 議定書締結に伴い、文部科学省では、「研究機関等における遺伝資源の取扱いについて(通知)」(平成29年5月18日・29振ライ第6号)で、
大学等における遺伝資源の取扱いが適切に行われるよう、特に留意すべき事項を示しています。
現在、研究で取扱う遺伝資源についてアクセスと利益配分に関するルールのより一層の注意が求められています。
また、ABS対応を行う大学等の体制構築が求められています。そのため、各大学の理学・農学・水産学・医学・薬学等の様々な分野の遺伝資源
を取り扱う研究者、研究支援者及びリサーチアドミニストレーター、リスクマネジメント関連事務部門の方々のご理解とご意見が重要となります。 この度、2018年3月14日(水)に標記シンポジウム「名古屋議定書対応に向けた大学体制構築のための意見交換会」を開催し、すでに体制構築を
進めている大学関係者にご講演・ご討論をいただきます.  さらに、韓国において、遺伝資源を取得するときには韓国政府への届け出が、本年8月19日より必要となり、韓国と遺伝資源の取得を行う
ことを計画している方は、新たな対応が必要となります。このような中、韓国でABSの支援活動を行なっているKRIBB
(Korea Research Institute of Bioscience & Biotechnology)のABS Research Support Centerの方々を招聘し、
2018年3月22日(木)に韓国の新しい制度についてご説明いただきます。 詳細については、下記をご覧いただき是非ご参加くださいますようお願い申し上げます。                                記 1.【会議名】:「名古屋議定書対応に向けた大学体制構築のための意見交換会」         ~大学におけるABSへの取り組みと対応体制について~ 【 日時 】:2018年3月14日(水)13:00~16:00(受付12:30~) 【 場所 】:TKP東京駅日本橋カンファレンスセンター:ホール4A(東京都中央区八重洲1丁目2-16) 【講演者】:日置孝徳(京都大)、田中伸和(広島大)、河合孝尚(長崎大)他 2.【会議名】:国際ワークショップ「韓国遺伝資源の取得とその利用」        ~韓国遺伝資源に対するABS対応の実際~ 【 日時 】:2018年3月22日(木)13:00~16:00(受付12:30~) 【 場所 】:AP東京八重洲通り:13階ルームA(東京都中央区京橋1-10-7) 【 講演者】: Young Hyo Chang (KRIBB, ABS Research Support Center)他 【同時通訳有】講演は、英語・日本語で行います。 *上記1.2.共に  【対象】動物・植物・微生物(遺伝資源/生物資源)を海外から取得して研究を行う学術機関に所属の研究者、          研究支援者(産学連携、知財、研究推進,リスクマネジメント部署、URA等に所属の方)等  【参加申込】(参加無料)         参加には事前申し込みが必要になります。(以下HPよりお申し込みください。) 【HP】idenshigen.jp <http://idenshigen.jp>

トラックバック・ピンバックはありません

ご自分のサイトからトラックバックを送ることができます。

コメントをどうぞ

コメントを投稿するにはログインしてください。