【日本昆虫科学連合】シンポジウム(3月29日、大阪府大・中百舌鳥キャンパス)のお知らせ

【日本昆虫科学連合】シンポジウム(3月29日、大阪府大・中百舌鳥キャンパス)のお知らせ

日本昆虫科学連合より3月29日(火)に開催される共催シンポジウムについて連絡がありましたので、会員の皆様にお知らせいたします。 今年は応動昆と昆虫学会の合同大会の最終日に開催されます。

4団体共催公開シンポジウム 「昆虫類をめぐる外来生物問題と対策」 (http://www.insect-sciences.jp/conferences/?mc_id=102 にポスターあり)

日時: 2016年3月29日(火) 14:00~18:00 会場: 大阪府立大学 中百舌鳥キャンパス Uホール白鷺 参加費: 無料(事前申し込みも必要ありません)

開会14:00 活動報告 14:05~14:15 日本学術会議応用昆虫学分科会の活動報告  嶋田 透 (日本学術会議会員、東京大学) 14:15~14:25 日本昆虫科学連合活動報告  多田内 修 (日本昆虫科学連合代表、日本学術会議連携会員、九州大学)

講演   座長: 石井 実 (大阪府立大学) 14:25~14:35 趣旨説明  石井 実 (大阪府立大学)  14:35~15:00 日本の外来昆虫相の特徴 北米およびハワイと比較して  森本 信生 (農研機構 畜産草地研究所) 15:00~15:25 外来マルハナバチ類の生態系影響と対策  五箇 公一 (国立環境研究所) 15:25~15:50 在来昆虫類が駆動する繁殖干渉と外来種問題  高倉 耕一 (滋賀県立大学) <休憩> 16:05~16:30 ペット甲虫類における外来種問題 ~意図的導入の罪過とその贖罪~  ○荒谷 邦雄・細谷 忠嗣 (九州大学) 16:30~16:55 特定外来生物アルゼンチンアリの根絶までの道のり  坂本 佳子 (国立環境研究所) 16:55~17:20 小笠原における固有昆虫保全のための外来種対策  ○戸田 光彦・秋田 耕佑・高橋 洋生 (自然環境研究センター) 17:20~18:00 総合討論 ———————— 問い合わせ先:日本昆虫科学連合事務局 阿部芳久(九州大学)        Tel: 092-802-5648 E-mail: sympo2016@insect-sciences.jp

会場への交通案内: 南海高野線「白鷺駅」下車、南西へ約500m、徒歩約6分。 南海高野線「中百舌鳥駅」下車、南東へ約1,000m、徒歩約13分。 地下鉄御堂筋線「なかもず駅(5号出口)」から南東へ約1,000m、徒歩約13分。 南海高野線「中百舌鳥駅」・地下鉄御堂筋線「なかもず駅」から南海バス(北野田駅 前行31、32、32-1系統)で約5分、「府立大学前」下車。 南海本線「堺駅」から南海バス(北野田駅前行31、32、32-1系統)で約24分、 JR阪和線・南海高野線「三国ヶ丘駅」から南海バス(北野田駅前行31、32、32-1系 統)で約14分、「府立大学前」下車。

主催:日本昆虫科学連合・日本学術会議・日本昆虫学会・日本応用動物昆虫学会

トラックバック・ピンバックはありません

ご自分のサイトからトラックバックを送ることができます。

コメントをどうぞ

コメントを投稿するにはログインしてください。