日本昆虫学会誌に掲載された論文・記事の機関リポジトリ等への登録ガイドライン

論文の転載、複製、公衆送信、翻訳、商用利用、二次情報の作成(著作権がおよぶ範囲でのデータベース化など) などを行う際には、著作権者の承諾を得る必要があります。また、下記の条件を満たす場合には、機関リポジトリ等(機関リポジトリ・個人ウェブサイト等)に論文等を登載することができます。機関リポジトリへ登載する際は、著者からPDFを送付してください。

昆蟲および 昆蟲(ニューシリーズ)


 掲載された論文の著作権は日本昆虫学会に帰属します。出版後2年を経た記事については、最終印刷形態PDFの機関リポジトリ等への登載が許可されており、出版2年後に、機関リポジトリや個人ウェブサイト等への掲載が可能となります。詳しくは「学協会著作権ポリシーデータベース」を参照ください。
http://scpj.tulips.tsukuba.ac.jp/detail/journal/id/J002366

Entomological Science


 Entomological Scienceの 6巻(2003年)以降はWileyから発行されています。掲載された論文の著作権は日本昆虫学会に帰属し、Wileyが著作権の管理運営をします。最終印刷形態PDFの公開は許可されていません。査読前原稿は採択と同時に機関レポジトリ、個人ウェブサイト、プレプリントサーバー等で公開できます。査読後原稿はオンライン出版後12ヶ月の猶予期間を経た後に、機関リポジトリや個人ウェブサイト等で公開できます。Wiley社の論文シェアリングポリシーについては http://olabout.wiley.com/WileyCDA/Section/id-826716.html
セルフアーカイブポリシーについては
https://authorservices.wiley.com/author-resources/Journal-Authors/licensing-open-access/open-access/self-archiving.html
から確認できます。

査読前原稿(投稿原稿)を公開する場合には、アクセプトされた旨を記述して公開して下さい。査読前・査読後原稿とも、出版後は、査読前あるいは査読後の原稿であることを示す記述と共に正式版へのリンクを、以下のように入れてください。
“This is the [pre-peer reviewed / accepted] version of the following article: (論文の書誌情報), which has been published in final form at http://…(正式版へのリンク)。詳しくは、以下のWiley社の規約および解説記事を参照ください。
https://authorservices.wiley.com/author-resources/Journal-Authors/Promotion/index.html

OnlineOpenの契約を行っている場合、著作権は著者に帰属しており、最終印刷形態のPDFをいつでも公開することができます。

Entomological Science 1巻(1998年)~ 5巻(2002年)の著作権は日本昆虫学会に帰属します。公開は昆蟲(ニューシリーズ)に準じます。


転載許可について


 Entomological Science 6巻以降の内容を転載する場合は、転載元論文の著者が著者に許諾される利用の範囲(著作権書類の「C.PERMITTED USES BY CONTRIBUTOR」)で転載する場合に限って許可は不要です。著作権書類の見本で「C.PERMITTED USES BY CONTRIBUTOR」を確認してください。正式な転載許諾が必要な場合はEntomological Scienceのtables of contentsにある“Request Permissions”から許可申請を行う事になります。詳しくは以下のWiley社の規約を参照ください。
https://authorservices.wiley.com/author-resources/Journal-Authors/licensing-open-access/licensing/licensing-info-faqs.html

それ以外の論文(昆蟲および 昆蟲(ニューシリーズ)、およびEntomological Science 1巻~ 5巻など)の内容を他の出版物等に転載する場合は編集委員長の許可が必要となります。内容の一部または全部を他の出版物等に転載する場合は、転載許可申請書に転載希望箇所を記入し、編集委員長にご依頼ください。

← 昆虫学会ホ-ムペ-ジへ