熊本県のゴイシツバメシジミ保全に関わる要望書


 熊本県にあるJNC(株)の発電所に関わる価格固定買取制度(FIT制度)設備認定のための工事により、環境省「種の保存法」の希少野生動植物種および国の天然記念物に指定されているゴイシツバメシジミおよびその食草シシンランに甚大な悪影響を及ぼすことが懸念されるため、早急な工事見直しの要望が必要となりました。そこで本学会は、2015年1月25日に日本鱗翅学会と共同声明で、経済産業省資源エネルギー庁長官、環境省自然環境局局長、農林水産省林野庁長官、文部科学省文化庁長官、JNC株式会社社長宛に日以下の要望書を提出しました(保全の観点から地名等を一部削除、改変しています)。
   熊本県のゴイシツバメシジミ保全に関わる要望書(JNC(株)宛)(PDF)
   
熊本県のゴイシツバメシジミ保全に関わる要望書(関係官庁宛)(PDF)


2015年2月10日
自然保護委員長 矢後勝也


← 自然保護委員会のペ−ジへ
← 昆虫学会ホ−ムペ−ジへ